注:2017年以前の記事内のプレ企画・広告などは終了・無効となっています。
・ビットコインFX ⇒ デイトレ
・仮想通貨 ⇒ 一攫千金狙いのHOLD
・日本株 ⇒ デイトレ&スイング
twitterやっています。(こちらも7年ぶりの復活!)

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年02月12日 (15:04)

答えは結果論で語る。(その2)

BTC日足。
2/12日足
引き続き微妙な位置にいます。BTCは取引所によって結構な価格差があったりするのでチャートも微妙に違うので、余計に微妙さが増します。(笑)
とりあえず下げトレンドから転換なるかという局面ではあります。久々に5MAの上に顔を出したりもしているんですが、期待されたブレイク的な動きにはならず。こうなると日足5MAとほぼ重なっていた下げのトレンドラインも今のところはあまり意識されていないって判断せざるを得ないってところです。

1時間足。
2/12 1時間足

30分足。
2/12 30分足
1時間足、30分足の他にも2時間、4時間、5分、15分といろいろ見ていますがピンと感じるものがないです。最近の25MAとか75MAがきれいに利いているチャートが見つかりません。ちょっとトレンドフォローでは勝負に入りにくい感じになっています。レンジ入りかな~?


さて今日の本題の結果論。
このところ繰り返された大きな下げ、いわゆる暴落。その度に聞こえてきたのが、『これまでもビットコイン(仮想通貨)は何度も暴落をしたがその度にすぐに回復してきた。今回も一緒!』という声。そうなるかもしれないし、ならないかもしれない。ただ現時点で言える結果論は『これまでのようなスピード感では戻っていない』という事実。そして...

上昇局面。
BTC上昇トレンド
昨年末の大きな上昇トレンドのチャートです。確かに何度か大きく下げてはすぐに戻しています。ただし今になって振り返って結果論を言えば、この上昇の中の下げは、『ただの調整局面。単なる押し目』だったってこと。もちろんその当時にはそんなことは分かりません。下げの始まりと見た人は売ってしまったでしょうし、押し目と見た人は強気の買い増しをしたかもしれません。

最近の下降局面。
BTC下降トレンド
大きく下げては(良い感じの勢いで)少し戻すを繰り返しています。戻しの場面で毎度聴こえてきた『ほら戻すよ。また高値目指すよ』の声。でも今見てみればこれは上昇局面と正反対。『下げトレンド中のただの調整。単なる押し目』だったてこと。もちろん直近の上げはこのまま継続すればトレンド転換になるわけですが、それも結果論でしか語れないこと。

結局は振り返ってみるしか正解が分からないのが相場でありチャート。現時点で見えているチャートを見て答えの分からない未来に賭けるのがトレード。けっこう大変です。

banner2.gif
応援お願いします。 

仮想通貨、一緒にやりましょ♪
  ↓   ↓   ↓
ビットコイン購入とFX用に ビットフライヤー
一攫千金用 バイナンス
カテゴリ : 2018から記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mikonokabu.blog54.fc2.com/tb.php/955-222f1f98
調整中
調整中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。