7年半ぶりの復活!先物ミニでデイトレに挑戦開始!!
・1場1トレード。(日中1、夜間1、1日最大2トレード)・寄付き直後はエントリーしない。(10分が目安)・利確はTSまたは引成。
 目標:勝ちトレードに要した時間合計 > 負けトレードに要した時間合計 (参考:デイトレ生存率向上ブログ
2017.11.10以後の成績
やっちゃった欲ぼけトレード(3回)(0勝3敗0分)
根拠あるまっとうなトレード(9回)(3勝2敗4分)
  *値幅、-10円~+30円を引分けで計上。

2008年01月08日 (21:36)

リスクの塊と完璧主義

今日もチャートが無い、”チャートって面白い♪”のコーナーです。 d(^-^)
話があちこち飛ぶ予定です。あらかじめ御了承をお願いします。(笑)


トレードをしていて、いつも忘れないようにしていること。それは『保有しているポジションは全てリスクの塊だ!』ってこと。大きなリスクを背負っているからこそのハイリターンだってことです。
ポジションは常に大きなマイナスに陥るリスクを持っています。小さな損切をルールにすることは、大きなマイナスを抱えるリスクを大幅に減らします。(0にはならないと思います。)

私も過去に何度もデイトレーダー生存率向上ブログの「本能から解放されるためのトレーニング」や「必勝法」に挑戦して、何度か成功もしています。だけど今も損切の失敗を繰り返しています。(もちろん頻度は大きく改善していますが。)何故、同じ失敗を繰り返してしまうのか...(・・?)

私は人間だから。

バカバカしい答えですが...私はロボットになりきれないんです...だって人間だから。(^ ^;

私たちがエントリーする時に決めなければならないことは、「どの銘柄にエントリーするか?」「いつエントリーするか?」「何株エントリーするか?」です。この中で一番大事なことは、「何株エントリーするか?」だと私は思っています。

理想的なタイミングでエントリーしたと思っても、そのポジションが上手く行くかどうかなんて判りません。上手く行かなかった時は当然、損切になります。でもその損切に失敗する可能性を私は持っています。だから「何株エントリーするか?」が大切なんです

一度の失敗で積み上げた利益をフイにしたり、ましてや一発退場!なんて可能性を秘めたエントリーをするべきじゃありません。常に失敗の可能性は有るんです。さらに、そういうエントリーは余計に判断力を低下させることになり、結果、失敗につながりやすくなります完璧を追求するのは良い事だと思いますが、その前提に完璧じゃない自分がいることをしっかり認識しておかなければいけません。

自分の身の丈にあった株数でエントリーしましょう。

小さな損切を実行する」というルールは多くの人が持っていると思います。でもそれよりも、「エントリー株数を身の丈に合ったものにする」というルールの方が先にあるべきだと思います。マーケットから退場しない為に...

1、エントリー株数を可能な限り小さくする。
2、小さく損切する。


1さえ実行すれば、2は時々失敗してもなんとかなります。1の失敗と2の失敗が重なると...即退場の可能性が有ります

余談 : そう考えていくと「ナンピン」の危険性が良く判りますね。2で失敗している所に1の失敗をわざわざ重ねていくんですから...

デイトレーダー生存率向上ブログを何度も読み込んで、今日、私がここまで書いたようなことが書いてある、と私には受け取れるようになりました。



さて...
イメージ図

ちょっと出来の悪いグラフですが...勝率5割、5000円で損切、利は伸ばす...そんな人の10トレード分を簡単に作ってみました。

いきなり余談 : 例えば左から3トレード目の勝ちトレードが反転して負けトレードで5ティックの損切になっていたとしても、この10トレードのTTLはプラスになりそうです。これなら勝率4割でも勝てる!ってことになります。逆に勝率が6割になったら、かなりのスピード・アップです。余談終わり。(笑)

私のトレード・スタイルのイメージは、このグラフのようにトレードの半分を占める損切分(部分)は、残り半分の勝ちトレードの側に引いた損切ラインと同額の分(水色部分)で吸収してしまい、飛び越えた分(部分)を積み重ねていく(手数料や税金は引かれますが)、という感じになります。(わかりずらいですね。苦笑)

でもね...やらかしちゃうんです...何十回と損切を繰り返していくうちに...損切の失敗。(^ ^;

再び、でもね...私にとって損切の失敗はあらかじめ計算に入っています。良いじゃないですか、失敗しても。何十回と成功させた上での失敗です。その失敗してしまう自分にの部分を1本くらい差し上げましょうよ。(あえて失敗しちゃダメですよ。あくまでも実行しようとしたのに本能に負けちゃった時に、気持ちを切り替える為の手段ですからね。)

で...失敗したって良いじゃないか!見たいな事を書いた後で、なんなんですが...
私を含め損切の失敗をしてしまう方、こんなのいかが?

1、自分の決めた損切を実行できた時、「ヨシッ!」と声に出して、小さくガッツポーズをする。(笑)
  案外、こういうくだらないことが、苦い経験を成功体験として脳ミソに刷り込むのに役立つもんだと思います。
2、損切もトレイリング・ストップの一種だと割り切る。これ、対策になってませんね。(爆)
3、損切成功率を記録する。決めた損切を実行できた割合を記録して、今後の向上をハッキリとした数字で追い求める。これは有効そうな感じがします。成功率95%くらいは欲しいですね。そのくらいの高率になると1回の失敗の影響が大きくなるでしょうから、余計に歯止めになってくれそうです。私もやってみようかな...


ランキング応援♪←1日1回♪Kさん、大したアドバイスが出来ませんでした。ゴメンナサイ。m(_ _;)m

コメント

こんばんは。
お正月明けから昼間も勤務で時間がとれず、せっかく今月こそと決心したもののまったく参加できてません。帰ってくるとこんな時間でパソコンを立ち上げるのも久しぶりなので、せっかくの記事にコメントが遅くなって申し訳ないです。
記事、全然参考になりますよ~。ありがとうございます!こうしてグラフで視覚的に見ると十分プラスになるはずなんだということがよくわかります。ナンピンもこんな風に自覚したことなかったです。自分の場合、特に空売りで踏み上げにあったときに損切の失敗が多く、時には焦ってナンピンして更に痛手・・・全く仰るとおりですね(^^;)損したくない!という気持ちが結局損を呼ぶんですよね。マイナスベクトルの「引き寄せ」の魔法ですね。
そして損きりの失敗ももちろんありうるんだということ、なんだか勇気付けられました。ありがとうございました。
まだいつから参加できるか見通しが立ちませんが、お勧めの損きり攻略法、ぜひ参考にさせていただきます^^

長くなってすみません。失礼します。

Kさん、こんばんは♪

コメントありがとうございます。

私は損切はTSの一種だと思っていますが、失敗は無くなりません。逆指値が無かったら、けっこうボロボロになっちゃうかも...逆指値も便利な道具ですね。使いまくってます。(笑)

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mikonokabu.blog54.fc2.com/tb.php/420-f661fabe
調整中
調整中