7年半ぶりの復活!先物ミニでデイトレに挑戦開始!!
・1場1トレード。(日中1、夜間1、1日最大2トレード)・寄付き直後はエントリーしない。(10分が目安)・利確はTSまたは引成。
 目標:勝ちトレードに要した時間合計 > 負けトレードに要した時間合計 (参考:デイトレ生存率向上ブログ
2017.11.10以後の成績
やっちゃった欲ぼけトレード(3回)(0勝3敗0分)
根拠あるまっとうなトレード(9回)(3勝2敗4分)
  *値幅、-10円~+30円を引分けで計上。

2007年06月30日 (23:57)

チャートって面白い♪

その気になってみるとチャートって面白いですね♪調子に乗って今日もやってます。ずーっと続けて、後で振り返る時が楽しみになってきました。きっと恥ずかしいんだろうなぁ~~(笑)


第一中央汽船です。
第一中央汽船-1
少し怪しげですが、とりあえず移動線の上にあって、マイツールでも買い候補に上がってました。前日はチョッピリですが下ヒゲだったりもします♪
ところで、なんか、どっかで見たことありませんか?このチャート...こうしてみたらどうでしょう?
第一中央汽船日足-2
デイトレーダー生存率向上ブログにありましたよね、こういうの。(・・?)ラインの引き方はもっと前の高値から引くべきかもしれませんし、もしかすると根本的に間違えているかも。正直なところ自信はありません。
ちなみにトレンドラインに気が付いたのはチャートを見ながら反省している時で、実際にエントリーした時には何も考えず単純に「ちょっと怪しいけど、トレンドフォロ~~!!」って思ってただけです。(爆)トレンドラインもしっかり見えるようになりたいですね。きっと効率が良くなるんでしょうね。 d(^-^)

はい5分足です。
第一中央汽船5分足
これだと気付かなかったりするかもしれませんが、赤丸の時点で日足を見ればキッチリ下ヒゲになっています。想像してみてくださいね。たかやんさんは「ギャップアップ」が大切と補足されていますが、この銘柄は前日高値での寄りです。まぁそこは勘弁してください。(^ ^;
私ですが、569円で買いエントリーです。シッカリ出遅れてます。(笑)青丸のところで成行き決済して581円でした。私のやり方からしたら変ですよね?何で引成じゃないの?え~とですね、昨日、場中に書いた誤発注銘柄がこれです。(爆)その時は、「利確だからいいか」と書きましたが、これは間違いです。「利確だからダメ!」が正しい考え方です。「損切りだから、まぁいいや」が正しいです。←以上、私の手法の場合です。 d(^-^)
脱線しましたが、そのまま持っていたら、10:30頃か後場途中でトレイリング・ストップにかかること間違い無し!です。なので、まぁいいか...あはは...

第一中央汽船を見ていて思い出した日本郵船。エントリーはしていませんが、もしかして...ひょっとして...
日本郵船日足-1
見覚えありますね。同業だし、当然と言えば当然でした。とりあえず念のため...
日本郵船日足-2
もちろん自信ありません。☆( ̄^ ̄)エッヘン
これは前日の下ヒゲが良い感じですね。いかにも騰がりそうです。でも私のツールでは買い指示はでません。第一中央汽船に比べて下げがキツイ分、長期線の下にいますもんね。 d(^-^)
マイツールは前日(下ヒゲの日)に売り候補にしています。前々日までで見ると確かに下げそうな感じです。

5分足にいきます。
日本郵船5分足
寄りは前日の高値(固いことは言いっこ無し・笑)で下ヒゲ付いてます。分足だけならこっちの方がエントリーしやすそうですね。前引けの陰線か後場の下ヒゲ(2つの青丸)部分でストップになりそうですが、頑張れば引けまで粘れそうな気もします。
売り候補だった前日は寄りからドッと下げてますが、前日比プラス圏です。私がエントリーするならマイ転する1100円付近ですが、既に10ティック以上下げているので見送ります。損切りラインの設定が難しくなるんですよね、こういうのにエントリーすると...仮にエントリーしたとすると、引けまで持ってしまってケッコウな負けになっちゃってると思います。イートレ不調で良かったです。(笑)


やっぱりエントリーしていない銘柄は途中で飽きてきます。(^ ^;みずほも面白いんですが、やめておきます。(これは負け確実なチャートです・苦笑)

ではまた頑張ります。(⌒0⌒)/~~


コメント

上から2枚目のチャートとトレンドライン、それで良いと思います。
より多くの日足の根拠を持つ方が、より強力なトレンドラインである事は間違いないのですが、少ない根拠数でも、トレンドラインはそれなりに意味があって、それなりに機能します。
トレンドラインを意識していないよりは、ずっと良い。

トレンドラインをいつも引くようにしていると、そのうちにトレンドラインを引かなくても、頭の中で自動的に「見える」ようになります。
チャネルも、ペナントも、フラッグも、皆同じです。
「パッ」と見た瞬間に「パッ」と見えるようになります。
この力が、9:00~9:30のトレードでは特に大事になってきます。
あと、2~3本のMAを表示させて、前日終値などとも合わせて、支持線、抵抗線の確認をします。
MAの位置関係でいえば、明らかに日本郵船より中央汽船の方がベター。この優劣比較が無意識で、1秒でできれば、勝率も変わってきます。
Time is money! です。

たかやんさん、ありがとうございます。

チャート表示を始めて早々、自信の無いところに突っ込んでしまいましたが、コメントを頂いて、助かりました。忙しいのに、ホントにありがとうございます。

トレンドラインは瞬間的に、優劣比較は1秒ですね。自分のそういう姿をイメージしながらやっていきます。必ずイメージを実現します。 d(^-^)

ではまた、教えてくださいね。忙しいでしょうけど...

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mikonokabu.blog54.fc2.com/tb.php/289-51e30f34
調整中
調整中