注:2017年以前の記事内のプレ企画・広告などは終了・無効となっています。
・ビットコインFX ⇒ デイトレ
・仮想通貨 ⇒ 一攫千金狙いのHOLD
・日本株 ⇒ デイトレ&スイング
twitterやっています。(こちらも7年ぶりの復活!)

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月23日 (10:32)

今日も余計なことを考えてました。(爆)

先日は結局、小額のプラスで終えることが出来ました。3勝3敗1同値の結果でした。厳しい中にもプラス確保。終わってみれば、良い感じです♪


今日は事情が有って、多めにエントリーしたいと考えていました。最低8つ。その事情とは...8つエントリーすると、ツールを導入してから丁度50ゲームになるから。(^ ^;計算しやすくなるでしょ。(笑)

そんなことを考えてるから、厳しいことになっちゃうんですよね。判っちゃいるんですが...
今朝は売り5、買い3にエントリーしています。まだ損切りヒットはありませんが、利益といえるほど利が乗っているゲームもありません。これからトレンド君がノリノリになってくれるといいんですが、どうでしょう。(・・?)

天気が良いので、屋上を片付けてきます。最近、防水塗装が終わったばかりで、グチャグチャになってますからね。 d(^-^)

(10:20頃)


前引けまでにツガミが損切りヒットして後場へは7ゲームの持ち越しになっています。大きくは動いていませんが、まずまずの感じで動いてくれています。

逆指値で損切りをするようになってからずっと感じていたことがあって、ちょっと調べてみました。
損切りを自分で発注していた時は、抵抗線を越えて1つ目の板が食い破られそうになったら成行きで損切り、という感じでやっていました。これだと上手く行けば、抵抗線から一つ目、たいていは2つ目で損切り出来ました。
今は抵抗線から一つ目のところに逆指値をセットしているので、ほとんど抵抗線から1つ目で決済されます。
値幅が一つ減っているから良いんじゃないか?とも思えますが、ブレイクもどきにやられることが、とても多いような気がしていたんです。

そこで逆指値を抵抗線から2つ目にセットしたらどうなのか?と考えました。勝率が多少上がっても収支に悪影響では意味がないので、そのあたりを考えつつ、逆指値導入後の損切りゲームを検証してみました。

ケッコウいいかもしれない...そんな感想です。

それはそうと、全体が上に行き始めた中、買いゲームが下へ行き始めました。トレンド君~~~♪(笑)

(12:50頃)


結局、7銘柄を引け成り決済、前場と併せて5勝3敗、収支TTLプラスでした♪先物BOXっぽい動きをしていたのと同様に、私のポートフォリオもあっちが上がれば、こっちが下がるの繰り返しでした。
買い銘柄で10ティック以上の上ヒゲつけたのが1つ、逆に売り銘柄で長い下ヒゲが1つありました。(^ ^;
トレイリング・ストップも難しいですね。今は、平均ボラを考えて動かしてみようかと検討中ですが、実現のメドはまるで立ちません。(爆)

さてマイツール運用開始後、ぴったり50ゲームを終えました。(最初の木村化工を含んでます。)
30勝20敗(同値3を負けに含みます)。勝率は6割に達しました。ツール導入前は、同値を勝ちに含んでやっと5割前後で推移していたので、かなりの向上です。6割と言えばプロ野球なら優勝争いレベルです。関係ないですけど...(笑)
1日の成績では、8日のトレード日があって、7勝1敗です。もっとも勝ちにはかなり利の薄い日もあります。

1ゲームあたりの期待値も3倍以上に跳ね上がりました。なんだかんだ言っても、これが1番重要だと思っているので、正直、嬉しいです。

以上、ただの偶然の積み重ねで無いことを祈ります。(⌒-⌒)ニコニコ

(大引け)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mikonokabu.blog54.fc2.com/tb.php/262-bd9fae39
調整中
調整中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。