7年半ぶりの復活!先物ミニでデイトレに挑戦開始!!
・1場1トレード。(日中1、夜間1、1日最大2トレード)・寄付き直後はエントリーしない。(10分が目安)・利確はTSまたは引成。
 目標:勝ちトレードに要した時間合計 > 負けトレードに要した時間合計 (参考:デイトレ生存率向上ブログ
2017.11.10以後の成績
やっちゃった欲ぼけトレード(2回)(0勝2敗0分)
根拠あるまっとうなトレード(6回)(3勝1敗2分)
  *値幅、-10円~+30円を引分けで計上。

2007年01月24日 (21:12)

当分の間、こんな感じでやってみます。

前の投稿でも書きましたが、たかやんさんのところで読んだウップス。実際やってみようと思ってトライしましたがナカナカ上手くいきません。いろんなページやコメントを何度も読んではチャートを見直し、一つのことに思い当たりました。手法としてのウップスそのものにこだわるよりも、その中に込められたヒントが大切なんじゃないか?ということに。そして、さらに何度もいろいろ読んで自分なりに作り上げたスタイル。少なくとも今月中、出来ればトレード日が少なくなりそうな来月いっぱいは継続して試してみようと思うスタイルの覚書です。
自分で思い出しやすいように、具体的な事例で書いておくことにします。(反省も含めて)

銘柄選び 1単位50万円程度。ある程度値動きが見込め、且つ、出来高も充分あり板が飛ぶようなことがない銘柄で、チャートが見易いと感じられるもの。

さて今日のエントリーは積み増しも含めて計8回、総額およそ400万円。全て損切りになったと仮定すると計算上1万5000円のマイナス、実際には一気に行かれるケースもあるでしょうから、最大25000円くらい覚悟です。1トレードあたり3000円ほどになります。
狙う値幅は基本的に1万円。(50万円を基本に銘柄を選んでいるので2%。これを狙えないようならエントリーは見送り)一度1万円を越えたら5000円にトレイリング・ストップを置いて1%を確保します。トレイリング・ストップ以外の利確は引けまで一切しません。

今日はニューヨーク高を受けて多くの銘柄が高く始まりそうでした。そのまま上か、それとも下かもみ合いかを見極めてエントリーすることを心がけました。

具体的なトレード1、ファンコミ
下見の段階では、長期移動平均線に頭を抑えられて下降トレンドに見えました。一昨日見事にはじき返されて今日が3日目。出来れば売りでエントリーしたい銘柄。
寄りは昨日の終値より2000円高の304000円。すぐに上に動き出し306000円に。今までなら買いエントリーを考えたところですが、まだまだ昨日の長い陰線の真っ只中、上へ行ったら諦めようと様子見。するとすぐに下がり始めて気が付いた時には始値を通り越し更に昨日の終値もアッサリ割った300000円。すぐ下に昨日の安値があるのが少し気になりましたが、既に始値、昨日の終値とクリアしてきて上は無理と判断して、300000円で売りエントリー(損切りラインは始値の304000円)。ジリジリした展開で前引間際には302000円(前日終値)もありましたが放置。安値283000円まであって戻り290000円に来たあたりでストップ考えましたが我慢。その後、大引け近くに引成注文を発注するも「条件付発注は出来ません!」と警告されてしまい、慌てて288000円で利確しました。

エントリーで昨日の安値ブレイクを待つべきだったのか?自信は持てません。またトレード中は思いつきませんでしたが、安値ブレイクで積み増しもありだったと反省中です(前場と後場にチャンスがあった)。損切りラインも昨日の終値302000円にするか少し迷いました。どちらも結果オーライかもしれません。ただ、これからも損切りラインには始値を優先して考えていこうと考えています。


具体的なトレード2、ケネディクス
昨日は値幅17000円、ローソク部分7000円の陽線で終値593000円でしたが、一昨日の高値602000円は意識しておく必要ありとメモ。日足は上に伸びてきて一服中な雰囲気で、買いも売りもありな印象。
寄りは一昨日の高値も越えて10000円高の603000円。ただ上に行くことは無く下に動き始めました。602000円、603000円を再び越えられなかった601000円で売りエントリーしました。損切りラインは603000円(始値且つ直近高値)として、その時はドテンも考えるつもりでした。
ちなみに以前の私なら9時半ごろに昨日の終値ラインにはじき返されたと見て596000円くらいで買いエントリーしていたと思います。(まるでハズレでも無いと思いますが、今は始値より下というのがかなり気になります。)
その後、昨日の終値を割った592000円で売り積み増し(損切りラインは終値一つ上の594000円)。588000円までありましたが反発。594000円で積み増し分を損切り。さらに上に行って本来ならトレイリング・ストップするべきでしたが、利確出来ない病が発症し放置、引成で決済しました(594000円)。

ウップスとは若干違うと思いますが直近の日足から見れば逆張りのようです。積み増し後の反発場面では即逃げするべきだったと思います。悪くても積み増し分はエントリー値で投げるべきでした。でも積み増しとか面白い経験が出来てTTLマイナスにならなかったので良かったです。これも結果オーライですが。


こんな感じが今のスタイルです。上手くいかない時も多いです。まだ自分の物に仕切れていないことも原因かもしれませんが、根本的に間違えているかもしれません。とにかくしばらく継続して結果を待ちます。
トレードの根拠を説明できるようになっただけでも相当な進歩だと思いますから。(間違った根拠かもしれませんけど。)


もしも、「こんなんじゃ負け組みだよ」ってダメ出しがあったら教えてください。出来ることなら、私が退場に追い込まれる前にお願いします。(真面目なお願いです。)

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

コメント

みこのすさん
こんばんは!
すごく勉強されて、努力されてますね。昨日たかやんさんのブログで「耳が痛い、目が痛い」コメント拝見しました。。。ピッコロも目が痛かったです(汗

ピッコロさん、こんばんは♪

もしかして、これ全部読んだんですか?そりゃ、本当に目が痛くなったでしょ?何しろ書いた私も読む気がしません。(笑)

今日はトレードしたみたいですね。いよいよ、これからって感じですね♪

私も全部完全に読んでないのにコメントしてます。すでに日本酒が2合ほど入っているので、許して下さい。
私はウップスType1を最も得意としています。前日平均的な値幅を大きく超えた長いローソク陽線の株でギャップアップがあったら、ぜひ監視して下さい。
そしてもし、始値を割り込むと、かなりの確率で、ズルズル下がります。
さらに前日の終値を割れば、更に下がります。
もし下がらなければ、当日の高値近辺で手放すだけです。
毎週毎週、この美味しいパターンがあります。

たかやんさん、こんにちは。

前日平均的な値幅を大きく超えた...やっぱり下見と待ち伏せですね。
ありがとうございます。
ウップス、1度は成功させたいです。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mikonokabu.blog54.fc2.com/tb.php/207-6d1cca66
調整中
調整中