7年半ぶりの復活!先物ミニでデイトレに挑戦開始!!
         デイトレ生存率向上ブログで復習も繰り返し中です。トレーダーにおススメのブログです。
調整中

2006年12月01日 (23:32)

覚書

この頃はデイトレードに集中しています。最近は少しずつですが、生き残っていけるという感触を感じられるようになってきた...と思っています。(ホントかよ?)

そこで、ぼんやりとしている私のルールを文章にしてハッキリとさせることにしました。ルールをしっかり守って、余計な回り道を避けることが出来れば良いと思います。
たかやんさんの デイトレーダー生存率向上ブログ や読んでいる株本などを参考に、自分なりにアレンジして作っています。

あくまでも現時点の自分に合わせて作った、私のためのルールであり覚書ですので、今後の経験によって変更もありですし、皆様の参考にはなら無いと思います。あしからず。m(_ _;)m


ルール

1、エントリーはチャートに従って順張りで行う。
  また、寄り付き後15分間はエントリー禁止とする。
(12月14日抹消)
 まずはトレンド・フォローの投資法を確実に身につけなければ。
 板情報などに惑わされない事。板は厚いほうに動く!
 15分のエントリー禁止は抹消しました。あんまり意味無い気がしてきました。
 時間制限よりしっかり確認することの方が大切。

2、エントリーポイントは損切りラインと決めた抵抗線から離れ過ぎていないこと。
 理想は50万円の取引で3000円以内。悪くても5000円が限度。(12月14日抹消)
 小さく損切りするには最初から損切りラインが近いことが必要。
 5000円は1%!でか過ぎ!甘ちゃんルールは抹消!

3、損切りは迷わず実行する。
 これは当たり前。 d(^-^)

4、エントリー後15分経過時、含み損なら即、損切りを実行する。
 たかやんさんの必勝法を参考にしました。

5、含み益となったらトレイリング・ストップで利益を伸ばす努力をする。
 このへんも、たかやんさんのブログ参照。
 最大利益幅から30%減 5千円でエントリー値、1万円で5千円、
 2万円で1万円、以後、最大値幅から1万円減をトレイリング・ストップの基準とする。
 トレンド変わり、抵抗線ブレイクなどを確認したら、トレイリングストップに関わらず利確。
 (12月14日修正)
 率を基準にするのは実戦中には難しかったです。
 ヤバイと思ったら利確して、再度のエントリーを狙えば良し!

6、前場のみの取引日には、前場引けまでに決済する。後場途中までの取引日は
  利確時に含み益かつトレンド・フォロー継続なら引成決済とする。
  それ以外はトレイリング・ストップ、損切りラインにかかわらず決済後離脱する。

 たかやんさんの利確などを参考にしました。(こればっかり・笑)



これが守れれば、けっこう良い線いくんじゃないでしょうか?と勝手に思っています。
とりあえず目標は...

勝率 50%超 かつ 利確TTL > 損切TTL X 2 

です。頑張りますよ~ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!
 (H18年12月2日)



カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年01月04日 (22:04)

とりあえず今年はこんな感じで...

今年は思いっきりポジティブにいくつもりです。
もちろん反省もしますが...その反省を踏まえて...前向きに続けます。

まぁ正直、去年は負けたわけですが、いろいろ経験・勉強できたと思っています。それを今年に生かせれば、OKなわけです。



今年は...

2007年末、私は自分のスタイルを確立しており、勝ち組の一人として自信を持ってトレードに臨んでいます。(断定)

1月末、1月の収支はプラスで終え、勝率も徐々に上向き登り調子。損切りは意識せずに実行できるようになり、勝ちトレードの所要時間が大きく伸びるようになっています。(あくまでも断定)


こんな感じで毎月初めに月末の自分の姿を想像して書いていくつもりです。成長した自分の姿を頭に思い浮べながら行動します。


う~~~っしゃ~~~っ!!頑張るぞう~~~っ!!!

ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年01月18日 (22:11)

リセット

今日はトレードしたんですが負けてしまいました。負けたことは仕方が無いとして、負け方が問題です。新しい銘柄、新しいスタイルに取り組もうと思ったのですが、トレードのスタイルがガタガタになってしまいました。

そこで反省し考え、出した答がリスタートです。(理由はいろいろ有りますが省略)

1、トレード元金は150万円。超過分は一旦口座から引き出します。

2、損切りラインは10%損の135万円。これを切ったら、一度トレードを中止し、勉強のやり直し。(トレード手法の見直し)

3、トレードする銘柄を徹底的に絞り込みます。追加する時は一つ外します。エントリーチャンスが大幅に減るでしょうが、エントリーは常にピンチでもあるのでピンチも同様に減ります。

4、エントリーのルールをプリントし、常に意識してトレードに臨みます。そして絶対に守ります。


デイトレーダーとして生き残ります。そして勝ち組に入ります。さぁ出発です。


今月末の所見...
新たなスタートを切ってほぼ半月。収支はプラスです。ルールは機能しているように思います。勝率も徐々に上向いてきました。勝ちトレードの所要時間を伸ばすことを常に考えています。

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年01月24日 (17:18)

最近の私

本能に負けて、いろんな病気を発症していました。一時はトレード・スタイルが崩れましたが、なんとか復調なった気がします。

1、ネットエイジ病...一発勝負を狙いたくなる病です。私のエントリースタイルなんて役に立たないと思ってはいるのに、無理してエントリーしてしまいます。

2、利確できない病...トレーリング・ストップに来ているのに投げずに最初の損切りポイントまで待っちゃえ!みたいな感じです。決めたルールを守れないのはいただけません。損切りラインだけは死守しているので、まだマシとも言えなくもないですが...

3、新しいことやりたい病...勝率5割程度で利益も少し出る程度になったばかりなのに、新しいエントリー方法を試したくなります。しかもお試し期間無しのぶっつけ本番!向上心は必要ですが、いきなり実戦は本能ムキだしです。これまでの手法の精度を上げることの方が先決なんです。


1はもうひたすら我慢、ぶっ飛び銘柄無視作戦しかありません。ただ今、根性で我慢中です。

2も自分でルールを守るしかありません。でも実は逆指値導入を待っていたりします。

3の病気では良い勉強も出来ました。参考にしていたのは、やっぱりいつもの デイトレーダー生存率向上.biz からウップスのページです。このところエントリー、損切り、積み増し、ドテン...全体のスタイルが少し変わりました。自分では良い方向に生かすことが出来たと思っています。10回や20回のトレードで大きなことは言えませんが...



今月末の所見...
新たなスタートを切ってほぼ半月。収支はプラスです。ルールは機能しているように思います。勝率も徐々に上向いてきました。勝ちトレードの所要時間を伸ばすことを常に考えています。

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年01月24日 (21:12)

当分の間、こんな感じでやってみます。

前の投稿でも書きましたが、たかやんさんのところで読んだウップス。実際やってみようと思ってトライしましたがナカナカ上手くいきません。いろんなページやコメントを何度も読んではチャートを見直し、一つのことに思い当たりました。手法としてのウップスそのものにこだわるよりも、その中に込められたヒントが大切なんじゃないか?ということに。そして、さらに何度もいろいろ読んで自分なりに作り上げたスタイル。少なくとも今月中、出来ればトレード日が少なくなりそうな来月いっぱいは継続して試してみようと思うスタイルの覚書です。
自分で思い出しやすいように、具体的な事例で書いておくことにします。(反省も含めて)

銘柄選び 1単位50万円程度。ある程度値動きが見込め、且つ、出来高も充分あり板が飛ぶようなことがない銘柄で、チャートが見易いと感じられるもの。

さて今日のエントリーは積み増しも含めて計8回、総額およそ400万円。全て損切りになったと仮定すると計算上1万5000円のマイナス、実際には一気に行かれるケースもあるでしょうから、最大25000円くらい覚悟です。1トレードあたり3000円ほどになります。
狙う値幅は基本的に1万円。(50万円を基本に銘柄を選んでいるので2%。これを狙えないようならエントリーは見送り)一度1万円を越えたら5000円にトレイリング・ストップを置いて1%を確保します。トレイリング・ストップ以外の利確は引けまで一切しません。

今日はニューヨーク高を受けて多くの銘柄が高く始まりそうでした。そのまま上か、それとも下かもみ合いかを見極めてエントリーすることを心がけました。

具体的なトレード1、ファンコミ
下見の段階では、長期移動平均線に頭を抑えられて下降トレンドに見えました。一昨日見事にはじき返されて今日が3日目。出来れば売りでエントリーしたい銘柄。
寄りは昨日の終値より2000円高の304000円。すぐに上に動き出し306000円に。今までなら買いエントリーを考えたところですが、まだまだ昨日の長い陰線の真っ只中、上へ行ったら諦めようと様子見。するとすぐに下がり始めて気が付いた時には始値を通り越し更に昨日の終値もアッサリ割った300000円。すぐ下に昨日の安値があるのが少し気になりましたが、既に始値、昨日の終値とクリアしてきて上は無理と判断して、300000円で売りエントリー(損切りラインは始値の304000円)。ジリジリした展開で前引間際には302000円(前日終値)もありましたが放置。安値283000円まであって戻り290000円に来たあたりでストップ考えましたが我慢。その後、大引け近くに引成注文を発注するも「条件付発注は出来ません!」と警告されてしまい、慌てて288000円で利確しました。

エントリーで昨日の安値ブレイクを待つべきだったのか?自信は持てません。またトレード中は思いつきませんでしたが、安値ブレイクで積み増しもありだったと反省中です(前場と後場にチャンスがあった)。損切りラインも昨日の終値302000円にするか少し迷いました。どちらも結果オーライかもしれません。ただ、これからも損切りラインには始値を優先して考えていこうと考えています。


具体的なトレード2、ケネディクス
昨日は値幅17000円、ローソク部分7000円の陽線で終値593000円でしたが、一昨日の高値602000円は意識しておく必要ありとメモ。日足は上に伸びてきて一服中な雰囲気で、買いも売りもありな印象。
寄りは一昨日の高値も越えて10000円高の603000円。ただ上に行くことは無く下に動き始めました。602000円、603000円を再び越えられなかった601000円で売りエントリーしました。損切りラインは603000円(始値且つ直近高値)として、その時はドテンも考えるつもりでした。
ちなみに以前の私なら9時半ごろに昨日の終値ラインにはじき返されたと見て596000円くらいで買いエントリーしていたと思います。(まるでハズレでも無いと思いますが、今は始値より下というのがかなり気になります。)
その後、昨日の終値を割った592000円で売り積み増し(損切りラインは終値一つ上の594000円)。588000円までありましたが反発。594000円で積み増し分を損切り。さらに上に行って本来ならトレイリング・ストップするべきでしたが、利確出来ない病が発症し放置、引成で決済しました(594000円)。

ウップスとは若干違うと思いますが直近の日足から見れば逆張りのようです。積み増し後の反発場面では即逃げするべきだったと思います。悪くても積み増し分はエントリー値で投げるべきでした。でも積み増しとか面白い経験が出来てTTLマイナスにならなかったので良かったです。これも結果オーライですが。


こんな感じが今のスタイルです。上手くいかない時も多いです。まだ自分の物に仕切れていないことも原因かもしれませんが、根本的に間違えているかもしれません。とにかくしばらく継続して結果を待ちます。
トレードの根拠を説明できるようになっただけでも相当な進歩だと思いますから。(間違った根拠かもしれませんけど。)


もしも、「こんなんじゃ負け組みだよ」ってダメ出しがあったら教えてください。出来ることなら、私が退場に追い込まれる前にお願いします。(真面目なお願いです。)

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年02月05日 (16:19)

負けの理由

今日の相場は大きく下げて引けたようです。私は仕事をしていたので、なんの影響も受けていませんけど。

先週末からVテクのチャートをずっと見ていました。この負けは何?って考えながら、あ~でもない、こ~でもない...(笑)

とっても簡単なことに気が付きました。先週末で言えば、買いの負けは避けられませんが、売りはエントリーすべきでなかった理由。
過去の負けトレードを引っ張り出し良く見てみると、同じパターンの負けがワンサカ出てきました。こんなの早く気が付きなさいよ!

と言うわけで、エントリーしないルールが一つ出来上がりました。
エントリー方法自体は変えていません。その中から勝率の良くないパターンを除外するだけです。エントリーの回数には、それほど影響が無いように思います。しばらく待つと逆方向でエントリー・チャンスが来ることも多いパターンですから。


そうそう先週大引けまで粘ったのは売り3銘柄。ゼンテックは順調に下げ、大証は戻してヘラクレス2つで行って来い、いすずが上手くいきました。リスクもありますが楽しみも大きいですね。これからも勝ちトレードは粘りますよ。 d(^-^)

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月02日 (13:34)

デイトレード

このところ電車通勤の時間が長く取れていたので、「デイトレード」を読んでみたりしていました。面白いです。何度も読んでいるんですが、読むたびに違う場所に線を引きたくなります。


私のトレードはトレンドフォローなわけで、「トレンドはお友達」をいつも意識しています。細かいエントリー方法とか、いろいろありますが、実はこの考え方(って言うか姿勢?)が私にとって一番重要なのかもしれない...なんてことを思ったりもします。

そんなことを思い続けて数ヶ月、最近、思うことがあります。

よくNYが大幅高で「ワァ~イ♪」とか逆に大幅安で「なにやってんだぁ~!」みたいな話を聞いたりしますが、最近の私、違います。
NYが大幅高で東証のギャップアップ必至なら、ギャップアップでトレンドブレイク買い、あるいはウップスで売りの候補を中心に朝の準備を始めれば良いんですよね。結局NYは私に教えてくれてるんです。そう考えると、NYも私の「お友達」なんだ...と思えます。
(もっともNYが日本の動きに影響されているな、と感じることも少なくありませんが)

先物も同じですね。調子良くトレンドに乗れていたのに先物の仕掛けにつられて落ちてきちゃった...そんな時、「先物のヤロォ~~!!」なんて思っても何の役にも立ちせん。「先物につられてマイ銘柄も落ちてきたな。あっ先物、下にブレイクだ!TSの逆指値入れとくか?」「最初の損切ラインはまだだけど早めに損切しちゃおう!」「先物弱くなってきたのに、こいつ強いな。今日は本気かも?」とかいろいろ対応するサインをくれてるんです、先物って。
先物主導で下げた...とか年中聞きますが、もしこれがホントなら、こんなにありがたいこと無いですよね。たとえほんの少しでも先のことがわかっちゃうんですから。
やっぱり先物も私の友達だったんです。 d(^-^)

細かいこと言えば、トレンドラインやチャートも友達。他にも気付かないだけでお友達がたくさん居そうな気がします。楽しいですね♪

まぁケンカしちゃうこともあります。そんな時はすぐに謝れば(損切しちゃえば)良いんです。次は仲良く遊べるようにね。(⌒-⌒)ニコニコ

手法ももちろん大切ですが、「お友達と仲良くする。大切にする。」案外こんなことが、すごく大事なことのような気がします。これは本能に逆らう行為でもなんでもなく、その昔、両親から、あるいは小学校の道徳の時間に先生から、普通に教わったことそのまんまなんですけど...(^ ^;


こんなのは株の話じゃないかな。(・・?)

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年09月17日 (16:26)

読み

デイトレーダー生存率向上ブログの最新記事(9/16分)がとても興味深いです。(と書いていたら、さらに新しい記事がアップされて、一つ前になりました。)というか今、私が考えていることに、かなり参考になります。

私が考えているのは、「読み」なんですが、この「読み」は、将棋を指す時の「読み」です。(私は将棋は弱いですが。(^ ^;)
相手が、こう指してきたら私はこう指して、次にこう指してきたらこうで、こっちに来たらこう対応して...とか...全く判りづらい説明
...(笑)

でもまぁ、そんなことです。で、新しい記事を読みに行ってきます。(笑)

カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年11月23日 (01:01)

私のトレード・ルール

エントリー時間差のルール

① 寄付き直後は持越し銘柄の処置を最優先とする。
② 9:15までのエントリーは0~1銘柄とする。
③ 9:15~9:45のエントリーは0~3銘柄とする。
④ 9:45~10:15のエントリーは0~3銘柄とする。

デイトレのルール

① 日足5MA・20MAを基準にしたトレンド・フォローが基本。時々ウップスもあり。
② エントリー&エグジットは日中足(1分足&5分足)で決定。
③ 基本的にトレイリング・ストップ以外は利確しない。(TSは適当で良いが、損切はシビアに。)
④ TSにかからなければ翌営業日へ持ち越す。

持ち越し銘柄のルール

① 始値でエントリーしたものとみなして「デイトレのルール」に従う。
  *利益が乗る方向にギャップが大きい時は損切にTSのルールを適用。
  *利益が減る方向にギャップした時は、損切・TSとも厳しく。

損切のルール

① チャート上に根拠を持って逆指値をセットすることが基本。
  *最大幅7ティックとする。

TSのルール

① チャート上に根拠を持って逆指値をセットすることが基本。
  *最小幅7ティック、最大幅15ティックとする。


興味のある方はこちらもご覧下さい。私のエントリーの基本的なスタイルです。

トレンドフォロー編  ちょっと応用・5MAブレイク編

ランキング応援♪←1日1回お願いします♪


カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (5) トラックバック (0)

2007年11月23日 (11:56)

方針転換...かも。

ちょっと考えてみました。先日の後場、爆上げ。

私の場合、後場、TSや損切の逆指値もせずに引成の発注をして放置することが多いわけですが、先日みたいな日に「売り」銘柄をそんなことしてたら目も当てられません。たまたまトレード休みの日だったので被害無しですが、考えてみるとかなり危険です。(考えてみるまでも無く、当たり前に危険です。)もっともトレンドに乗って儲けが膨らむ日も少なくは無いんですが...
イートレが逆指値付きで引成注文できるシステムにしてくれれば問題無いんですが、そんなこと言ってても仕方がありません。今のシステムに則ってやるしかないんです。そういう注文を受け付けてくれる証券会社もあるようですが、手数料とか慣れとか考えると、このままイートレを使っていたい。

そこで結論。(早っ!)

持越しを導入します!ついに...満を持して...スウィング編、突入です。 d(^-^)
そういえば、デイトレーダー生存率向上ブログの最新記事は、「ちょっと勝てるようになったからって調子に乗るなっ!」みたいな記事でしたっけ。(^ ^;

理由はこうです。
① 後場、逆指値をかけずに引けまで放置するリスクと、一晩放置するリスク、結局は同じこと...と思われる。(笑)
② 同じリスクなら長時間持つ方が、トレンド・フォローの考え方でいけば「優位性がある」...と思われる。(自信無し・爆)
③ デイトレーダー的に、引成よりも持ち越す方がやり難い。やり難いということは、きっと「優位性がある」...と思われる。(大爆)

①は私見ですが、②はたかやんさんの デイトレーダー生存率向上ブログにもそれらしいことが書いてありますし、だいぶ前ですが、たかやんさんから頂いた質問メールの回答にも、そんなようなことが書いてありました。③は引成に慣れてしまった私の感覚なので、一般的にどうなのかは不明です。まっそのへんはアバウトです。(笑)

とりあえずトレード回数の減る年内をお試し期間にしてみます。まずいことになりそうなら即撤回、順調ならそのまま継続します。最初は細かいことは考えずに大雑把なルールでいきます。
で、持越しを含めたマイ・ルールは...すぐ忘れちゃうので別の記事にしてトップ下に固定することにします。 d(^-^)


ランキング応援♪←1日1回お願いします♪これって「私だけは大丈夫」(・・?)


カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2008年05月14日 (18:11)

エントリー銘柄はどうやって探してる?

たかやんさんの デイトレーダー生存率向上ブログ でも何度か記事やコメントに詳しく触れられていると思うので、是非、そちらも参考にして頂きたいと思います。

などと、人様のブログのお力をお借りしつつ...私の場合...

1、自作のツールが、寄り付き前の気配値からブレイクしそうな銘柄を洗い出してくれます。
  これを一通りチェックして良さそうなヤツから順番に登録しておきます。

2、自分の印象の良い銘柄を30銘柄程度登録してあるので、時間があれば、これの気配値もチェック。
  良さそうなヤツがあったら、1の銘柄と一緒に登録しておきます。

3、画面は日足表示にしておいて、場が始まったら寄り付きの位置を確認します。この時、寄り付いて
  いない銘柄は気配値も軽くチェックしておきます。(後々、慌てない為)

4、3と同時進行でマイツールに始値を基準にしたブレイク候補銘柄を表示させて、1で漏れている銘柄を
  確認して良さそうなら追加登録します。

5、エントリーチャンスが来た銘柄から突撃か見送りかを決めていきます。余力と相談しながら、
  後に控えている銘柄と比べたりして決めています。

私の場合、ツールは222銘柄、登録中ですが、実際に必要なのは半分程度だと思います。自分で決めたルール(値段・値幅・出来高など)に沿って、銘柄をあらかじめ絞っています。お得意様銘柄も全てこの中に含まれています。

お得意様が出来れば、それだけをチェックしているだけで、それなりにチャンスは有ると思います。毎日、必ずエントリーしなきゃいけない!なんて決まりは無いですからね。

ちなみに寄り付き後の日足を見ていて...

例えば買い候補がギャップアップして良い感じに寄ったけど、すぐに陰線になってしまった!なんて銘柄があったら要注目です。それが始値に戻ってきた時こそが、基本中の基本のエントリーチャンスになります。
良いところに寄った → 思っていた方向と逆に動いた。(ここで注目!) → 戻し始めて(ヒゲができはじめて)エントリー準備 → 始値ブレイク! → エントリー!!(ブレイクしなかったら見送り) → また逆方向に...損切。 良い方向に動き始めた...TSで追いかける。


だいたい、こんな感じでやってます。まぁ違うことも多々ありますが、基本は以上になります。


明日と明後日、たぶん午前中、参加します。頑張ります。

では。
カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2008年10月05日 (19:27)

銘柄選び。

私の銘柄選びの現状です。

1、監視銘柄
①東証一部の中から、私がエントリーしやすい価格帯のもの(おおよそ50万~150万円くらい)銘柄であること、②それなりに出来高があること(板がスカスカにならない程度)、③1日の平均値幅が2~3%程度は期待できること...などを条件に絞り込んだ約200銘柄を監視しています。

*かなり前に銘柄を選んでから入れ替えていないので、最近の下げで対象外になってしまっている銘柄も少なくありません。ただ時間も無いし面倒でもあるので、そのままにしています。(そのうちに上がってくればまた対象内に入ってくるかもしれませんし...気の長い話ですが...)新しく対象に入ってくるような銘柄は、時々追加しています。

2、前日時点での候補銘柄
前日終値時点での5MA(A)と、前々日終値時点での5MA(B)を比較して、A>Bなら買い候補、A<Bなら売り候補 としてピックアップしておきます。(この時点では相当な数になります。)

3、エントリー候補の絞込み
当日の寄付き前の気配値が、2で選んだそれぞれの候補の始値になったと仮定して、エントリーに適当な始値の位置であるものを選んでおきます。

2,3の作業は、自作のツールがやってくれます。このツールが、少し前にくりはらさんからご質問を頂いた、RSSとエクセルを組み合わせたものです。

この後は、実際の寄付きとその後の動きを見ながらエントリーか見送りかを判断していきます。なお、始値が出た後のエントリー候補もツールで表示されます。寄り付いた後は 3 で選んだ候補は用済みです。 3 は早めに気がつけるように作ってあるだけです。


1,2,3の作業は私には欠かせないものですが、ここで絞り込まれた銘柄の勝率が高い!なんてことは全くありません。平均すれば、せいぜい50~60%程度です。まるでダメな日もありますし、ばかに調子の良い日もあります。
まるでダメな日に負けるかというと、そう決まったもんでもなく、ばかに調子の良い日に大勝ちできるかというと、そういうものでもありません。こんなこと書くと、意味の無いツールのようにも感じてしまいますが、意味は大いに有ります。

なんだか判るような判らないような説明になってしまった、私の銘柄の選び方、でした。
カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年07月28日 (08:53)

注目銘柄 & お礼とお詫びと決意表明

おはようございます。
昨日もたくさんの応援、ありがとうございました。

しかし、みこのすの力及ばず...50位を陥落いたしました...応援して頂いた方、申し訳ありません。
モチベーションも急落中ですが、早々に立ち直って...

再び50位以内にランクイン出来る様にブログの内容を高めていきます。(決意表明)


それにしても、最高位42位を確認できる場面もありました。良い夢みたなぁ~( 一一)


というわけで、注目銘柄です。

5333、6857、6841、5110、5001
9113、8002、8755、6954...

では...今日はチャート、記事は勘弁して下さい。ゞ( ̄∀ ̄)オイオイ 
 

     *     *     *     *     * 


では、応援クリック、お願いします♪ 


いっち ⇒ 有田焼のことなら有田焼西肥堂風花  

にっ♪ ⇒  banner2.gif ←50位陥落。(泣)  

ありがとうございました♪♪
 
  
カテゴリ : 覚書記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
調整中
調整中